「本ページはプロモーションが含まれています」 コスメ 美容

眉メイク初心者の女性向け!簡単ステップで美眉になる道具とやり方

ラッキー

美容、健康の研究家 おすすめのアイテムを紹介します!

初心者にもやさしい眉メイクのコツを掴める本記事では、独学で美しい眉を手に入れる方法を伝授します。最適な道具の選び方から簡単なステップ、よくある失敗の修正法まで、これを読めばあなたも眉メイクのプロ。長持ちさせる秘訣もご紹介!

超かんたんに失敗せずに眉を書くアイテムはこちら

1. 美眉の基本: 眉メイクのポイント

1.1 眉の形の整え方

眉の形を整えることは、眉メイクの最初のステップです。美しい眉のためには、自分の顔に合った眉の形を理解し、毛抜きなどのツールを用いて余計な毛を丁寧に抜きましょう。個々の顔の形にフィットする眉のアーチを作ることで、顔全体の印象がぐっと引き締まります。整え過ぎに注意し、自眉の自然なラインに沿って調整することが重要です。

1.2 眉毛の生えグセと自眉を知る

自分の眉毛がどのように生えているかを把握することは、眉メイクの要です。毛の流れを見ることで、どこをどのように描けば自然に仕上がるのかがわかるため、眉毛の生えグセを理解することをおすすめします。これには、普段から自眉をよく観察することが役立ちます。

1.3 正しい眉毛の位置を覚えよう

眉毛を描く際には、眉頭、眉山、眉尻の三点が重要なポイントです。眉頭は通常、鼻の横ラインに合わせ、眉山は外側から約2/3の地点、眉尻は目の外側とほぼ垂直にくる位置が自然です。これらのポイントを意識することにより、バランスの良い眉に仕上げることができます。

超かんたんに失敗せずに眉を書くアイテムはこちら

2. 必要なメイク道具とその選び方

眉メイクを始めるにあたり、必要な道具をきちんと整えることが成功の秘訣です。ここでは、基本的なメイク道具とその選び方についてご紹介します。初心者の方でも使いやすいアイテムを中心に、効率よく美しい眉を描けるようになるためのポイントを解説します。

2.1 眉メイクに欠かせないアイテム一覧

  • アイブロウペンシル
  • アイブロウパウダー
  • アイブロウマスカラ
  • 眉ブラシ
  • 無色の眉マスカラもしくは眉ワックス
  • 眉用バサミ
  • ピンセット
  • スポンジチップもしくは専用ブラシ
  • コンシーラー

2.2 初心者におすすめの眉メイク製品

初心者が眉メイク道具を選ぶ際には、扱いやすさや機能性が重要です。柔らかすぎず硬すぎないペンシル、ぼかしやすいパウダー、自眉に自然に馴染むマスカラなどがおすすめです。また、使い勝手の良いマルチ機能製品も初心者には適しています。

2.3 コスパ最強!ドラッグストアで買える眉メイクアイテム

ドラッグストアには費用対効果に優れた眉メイクアイテムが豊富です。国内外のブランドから選べ、アイブロウペンシルやパウダー、マスカラなど、低価格で高品質な商品が揃っています。ここでは、初心者でも扱いやすく、評判の良い製品の中から特におすすめのアイテムを紹介します。

製品名種類特徴価格帯
メーカーAのアイブロウペンシルペンシル書きやすい硬さで自然に描ける低価格帯
メーカーBのアイブロウパウダーパウダーぼかしやすく、自然な立体感を演出低〜中価格帯
メーカーCのアイブロウマスカラマスカラ色持ちが良く、自眉をきれいに見せる中価格帯

超かんたんに失敗せずに眉を書くアイテムはこちら

3. 眉メイクの基本ステップとテクニック

3.1 眉の形をデザインする

美しい眉を作る最初の一歩は、自分に最適な眉の形をデザインすることです。鏡の前で顔の形と目鼻の位置を確認し、自眉に合わせて眉の形を決定します。

3.2 眉を描く前の準備

メイクのベースが整った後、眉メイクの下準備に入ります。透明な眉ゲルやワックスで眉毛を整えることから始めましょう。

3.2.1 ベースメイクのポイント

ファンデーションを塗った後、眉周りが自然な印象になるようにパウダーでセットします。肌と眉のトーンを合わせることで、メイク全体のバランスが整います。

3.2.2 コンシーラーで眉周りを整える方法

コンシーラーを使用し、眉下のくすみをカバーして明るい印象を作り出します。これにより、眉をより際立たせることができます。

3.3 眉を描くステップ

3.3.1 アイブロウペンシルでの描き方

アイブロウペンシルを使って、眉の下側のラインを繊細に描き足していきます。自然な眉を目指す場合は、あまり濃くなり過ぎないよう注意が必要です。

3.3.2 アイブロウパウダーでふんわり眉に仕上げる方法

アイブロウパウダーを用いて、ペンシルで描いた眉の内側を埋め、ふんわりとした自然な眉毛の仕上がりを目指します。ブラシを使って優しくなじませることがポイントです。

3.3.3 アイブロウマスカラで色を整えるコツ

最後にアイブロウマスカラで眉毛の色を整えます。自眉との色のバランスを考えながら、全体を均一に仕上げることが大切です。

3.4 プチプラとデパコス、どちらを選ぶ?

予算に応じてプチプライスのアイテムを選ぶのも良し、デパートコスメでしっかりと吟味した商品を選ぶのも良しです。重要なのは自分の肌に合う製品を見つけることです。

3.5 時短でキレイな眉メイクのコツ

毎日の忙しい朝でも、キレイな眉を手早く作りたいものです。シンプルな眉のデザインや、ひとつのアイテムで複数の役割を果たすマルチな商品を選ぶと時短につながります。

超かんたんに失敗せずに眉を書くアイテムはこちら

4. 眉メイクのミスを修正する方法

4.1 失敗したときの修正テクニック

眉メイクをしていて誰もが一度は経験するであろう失敗。しかし心配無用です。いくつかのテクニックを使って、失敗を見事に修正することが可能です。まずは、落ち着いて眉毛に余分なアイブロウをつけてしまった場合、コンシーラーや専用のクリームで上手にカバーしましょう。また、眉の形がおかしくなってしまった場合は、眉用のカットシザーズで慎重に調整をしていきます。小さなミスなら、綿棒を使って部分的に修整し、大きなミスはメイク落としでオフしてからやり直しましょう。

4.2 太く描きすぎた眉を自然に見せる方法

眉毛が思いがけず太くなってしまった場合も修正可能です。キーポイントは、太くなった部分にさらに力を入れず、軽くブラシをかけながらぼかすこと。アイブロウブラシを使って眉毛一本一本を自然に整えつつ、全体のバランスを調整します。色が濃くなりすぎた場合は、眉毛につけたパウダーやペンシルをティッシュオフで軽く抑え、トーンダウンさせましょう。

4.3 眉メイクを長持ちさせるコツ

せっかくキレイに仕上げた眉メイクを長持ちさせるためには、いくつかのコツを掴む必要があります。まず、メイク前に眉周りの皮脂をきちんとオフしてください。アイブロウプライマーや皮脂吸着パウダーを使えば、さらに保ちが良くなります。眉メイクの最後には、眉毛用のクリアマスカラやフィックスワックスを使用すると、メイク崩れを防いでくれます。また、外出中の修正には、アイブロウコートを持ち運ぶことをおすすめします。

超かんたんに失敗せずに眉を書くアイテムはこちら

5. 眉メイクを上達させる練習方法

美しい眉メイクが完璧にこなせるようになるには、正しい方法の習得と日々の練習が欠かせません。初心者の方も安心してください。ここでは、眉メイクが上手になるための効果的な練習方法をご紹介します。毎日の少しの努力が、美眉へとつながる道しるべになるでしょう。

5.1 日々のメイクで意識すること

日常的に眉メイクを行う際、ポーズを取って鏡で眉の形や全体のバランスをチェックしましょう。また、メイクの仕上がりに満足がいかないときは、その都度、何が原因なのか考えてみてください。失敗から学べることは多く、それを次の練習に活かすことが重要です。

5.2 初心者でも簡単に出来る練習法

  • 眉毛の描き方の練習は眉メイク専用の練習シートを用いると役立ちます。曲線や線の引き方に慣れることで、手の動きが自然と覚え、実際の眉毛に描く際もスムーズにできるようになります。
  • 別の方法として、眉用の彫刻ナイフでも形を整える練習ができます。一度に大胆に剃りすぎないよう、少しずつ丁寧に処理することがコツです。

5.3 綺麗な眉をキープするための定期的なケア

眉メイク上達の秘訣は、日々のケアにもあります。週に一度は眉毛のトリミング時に眉の形を整え、健康な眉毛の保持を心がけましょう。眉毛が綺麗な状態であれば、メイク時にもシェードやラインを美しく映し出すことができます。

超かんたんに失敗せずに眉を書くアイテムはこちら

6. よくある質問とその回答

Q1. 眉メイクに適した道具は何ですか?

初心者におすすめの眉メイク道具は、アイブロウペンシル、アイブロウパウダー、アイブロウブラシ、アイブロウマスカラ、ピンセット、眉用シザーズなどがあります。それぞれの特徴を理解し、自分の眉の状態や好みに合わせて選ぶことが大切です。

Q2. 眉毛の正しい位置の見つけ方は?

眉毛の始点は、鼻の横の延長線上にあります。最も高くなるアーチの位置は、鼻翼を通り、瞳の外側に向かって直線を引いた延長線上に設定します。眉尻は、鼻翼から眼の外側を通って斜めに延長線を引いた際、そのラインが顔の端に到達した点が目安です。

Q3. 眉を太く描きすぎたときの修正方法は?

もし眉が太く描きすぎた場合は、綿棒やブラシを使って眉の内側から外側に向かってソフトにぼかします。また、コンシーラーやファンデーションを使って、眉の外側のラインを整え直すことで、眉の太さを調整できます。

Q4. 眉メイクの時短テクニックはありますか?

時短テクニックとしては、眉の形を整えやすいクリアなアイブロウマスカラを使う、あらかじめ眉の形を決めておいてアイブロウスタンプを活用する、または、明るい色のアイブロウパウダーをベースにしてからペンシルで細部を調整する方法などがあります。

Q5. 眉メイクのもちを良くする方法は?

メイクを長持ちさせるには、まずベースメイクをしっかりと行い、眉周りにプライマーを塗ってから眉メイクをすると良いでしょう。仕上げにアイブロウコートを使うことで、メイクをより長持ちさせることができます。

Q6. 初心者におすすめの眉メイク製品は?

初心者には操作が簡単で、失敗しにくい製品がおすすめです。ドラッグストアでも購入できるカネボウのケイトやシュウウエムラなどのブランドは、お求めやすい価格帯で初心者にも使いやすい製品を提供しています。

超かんたんに失敗せずに眉を書くアイテムはこちら

7. まとめ

このガイドで眉メイクの基本とコツをマスターし、美しい眉を手に入れましょう。練習を重ねて自信を持ってください。

超かんたんに失敗せずに眉を書くアイテムはこちら

PVアクセスランキング にほんブログ村

おすすめランキング

おすすめランキング1位

ストレスに負けるな!

アプリで健康管理!

おすすめランキング2位

おすすめブライダルエステ!

これからブライダルエステを考えているあなたに!

おすすめランキング3位

人気インフルエンサーがプロデュース!

おすすめスキンケア!

Popular

-コスメ, 美容